慰謝料の意味

慰謝料というのは精神的な苦痛のような無形的な損害に対して支払われるお金のことです。故意、あるいは過失によって他人の権利や利益を侵害した場合には、それを賠償しなければいけないと法律によって決められています。他にも、債務を不履行されたときにそれによって生じる損害を賠償する請求ができるということも定められています。このような損害賠償の中でも無形的なものに関する損害賠償のことを慰謝料というのです。

債務不履行責任慰謝料は大きく分けると不法行為に基づくものと、債務不履行責任に基づくものがあります。基本的には不法行為に基づいているものが多いです。慰謝料というのは精神的な苦痛に対して支払われるものですが、これはあくまでも不法行為や債務不履行という前提がなければいけません。目に見える形で損害がある場合は財産的損害となり、こちらは分かりやすいです。一方、慰謝料については目に見えないものの損害について立証したり、計量したりする必要があります。そのため、困難になりやすいのです。

現実的には示談金や解決金という形でお金が支払われて合意が成立する場合が多いです。慰謝料の目的というのはそれによって被害者の被った損害を賠償させる、補填させるという意味合いがあります。