慰謝料の相場

慰謝料が発生するケースはさまざまです。その中でも特に多いのは不倫や浮気による慰謝料でしょう。こちらの相場は100万円から300万円程度とされています。それぞれの状況によって、もっと高額になることや、逆に低額になることもあります。夫婦は貞操義務というものがあり、それに違反してしまうと慰謝料を支払う義務が生じるのです。

慰謝料傷害罪によって慰謝料を支払わなければ行けないケースがあります。こちらについては障害の程度によってかなり差があります。軽い怪我程度ならば数万円程度となることもあります。しかし、後遺障害が残ってしまうような場合については数千万円を超えてしまうケースもあります。これはその人のこれからの人生に影響を与えてしまうような場合です。後遺障害が残ってしまうと金額が跳ね上がります。

他人から名誉毀損された場合も慰謝料を請求することができます。こちらについては一般人の場合は10万円から50万円程度となっています。それによって事業の信用を失ったような場合には100万円にまで達することがあります。ヌード写真が流出してしまったようなケースでは数百万円にも達することがあるでしょう。

また、有名人に対する名誉毀損については、もっと高くなります。これは直接仕事に影響してしまうからです。数百万円までの慰謝料が支払われたケースもあります。

参考情報◇弁護士費用:アディーレ

慰謝料の意味

慰謝料というのは精神的な苦痛のような無形的な損害に対して支払われるお金のことです。故意、あるいは過失によって他人の権利や利益を侵害した場合には、それを賠償しなければいけないと法律によって決められています。他にも、債務を不履行されたときにそれによって生じる損害を賠償する請求ができるということも定められています。このような損害賠償の中でも無形的なものに関する損害賠償のことを慰謝料というのです。

債務不履行責任慰謝料は大きく分けると不法行為に基づくものと、債務不履行責任に基づくものがあります。基本的には不法行為に基づいているものが多いです。慰謝料というのは精神的な苦痛に対して支払われるものですが、これはあくまでも不法行為や債務不履行という前提がなければいけません。目に見える形で損害がある場合は財産的損害となり、こちらは分かりやすいです。一方、慰謝料については目に見えないものの損害について立証したり、計量したりする必要があります。そのため、困難になりやすいのです。

現実的には示談金や解決金という形でお金が支払われて合意が成立する場合が多いです。慰謝料の目的というのはそれによって被害者の被った損害を賠償させる、補填させるという意味合いがあります。

慰謝料とは何なのか

慰謝料というものがあります。こちらはさまざまなところで耳にすることが多いでしょう。たとえば不倫をされたために慰謝料を請求するというケースがあります。テレビのニュースで慰謝料請求のことについて話題になることは多いでしょう。身近な人が慰謝料を請求したり、逆に慰謝料を支払ったりしたという事例を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

慰謝料それではそもそも慰謝料とはどういったものなのでしょうか。このようなことは学校で詳しく教えてくれるものではなく、普通に生きていて自分が慰謝料の請求や支払いに関わるということもなかなかありません。そのため、慰謝料についてあまり詳しいことを知らないという方は日本人の中にたくさんいます。まだまだ日本では訴訟をするようなケースは身近なものとはなっていません。よほどのことがない限りは慰謝料請求をするような事態にまで発展しないでしょう。そのため、慰謝料について理解していない方がたくさんいるのです。

こちらではそんな慰謝料について、さまざまなケースを紹介しましょう。そもそも慰謝料とはどのようなものなのか、その基本的な意味について説明します。また、それぞれ個別のケースについて、慰謝料の相場がどの程度となっているのか紹介しましょう。慰謝料について気になっている方はぜひとも参考にしてください。きっと慰謝料についてもっと理解できるようになるでしょう。慰謝料のことを知っておけば、将来役に立つかもしれません。